Aたんが秋田県内の魅力的な文化を情報発信します!






click!→  Aたんプロダクションホームページへ

全記事の一覧

スポンサーサイトスポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙風船上げ@上桧木内行事

どうも…寒さに負けてさぼりぎみのぼくです。

今回は冬の間にいろいろ行ったとこの1つをご紹介します。
その名も「紙風船上げ」です!!
このお祭りは毎年2月10日に行われる伝統的なお祭りです。
こちらをクリックすると詳細が載っています。西木エリア:上桧木内の紙風船上げ


ぼくは午後の3時ごろに会場に行ったのですが、
舞台で地元の子どもたちによる伝統芸能の披露やら朗読なども行われていてお祭りムード満点でした。
また、会場を囲むように地元の集落ごとにたくさんの屋台が出てて、みそたんぽや甘酒を食べたりして楽しみました。

kamihusen1
こちらは地元の子どもたちが作った手作りのミニ紙風船をお土産用として売っていました。
ぼくサイズでついつい戯れちゃいました。すみません。

さぁいよいよ実際に風船を上げます!!
kamihusen2
いやーおもったより大きいんですね・・・

kamihusen3
各集落の紙風船がいつでも上げられる状態でスタンバイです。
司会のお姉さんが風船上げのカウントダウンをはじめるまでは、
風船が飛んでいかないように必死にみんなで掴んで待ちます。

kamihusen4
「10、9、8…3、2、1、0!!!」
最初の紙風船が飛んでいきます。なんだか切ない気持ちになりました。

kamihusen6
今度は夜の紙風船上げ、サイズもぐっと大きくなり、大人のみんなも本気モードです。
紙風船に穴があいてしまうとうまく風船が膨らまず、風船があげられなくなるからです。

kamihusen7
なんて美しい!!夜の空を泳いでいるみたいです!!

kamihusen5
なんとこの紙風船はずべて手作りで、紙風船に描く絵も手がきなんだとか。
でも年々その絵を描く人が減っているらしいため、
集落外の人で絵を描きたいという人を探さないといけないらしいのです。
うーんなんとかして、ぼくも絵を描けたらいいんだけど…
また来年も行きたいなーとおもいました。

……………
代表

スポンサーサイト

白神山地 ~藤里町③~自然

藤里町の宝といえばやはり白神山地です。
今回は、新緑でもなく紅葉でもない冬を迎える直前の山の表情をご紹介します。
葉っぱの落ちた山の物悲しさもまた、風情があり素敵でした。

白神6
山を登る途中で見えた川です!!まさにコバルトブルー!!
見とれすぎて危うく川に落ちるとこでした。

白神1
こちらは樹齢400年の木です!!白いこぶがあるのは年寄りの証拠なんだそうです。
さっそく「もののけ姫」の舞台に潜り込んだ気分です!
ぼくがどこにいるかわかりますか?


白神山地の実に80%がブナの原生林なのだそうです。
また、ここのカエル達は危険が少ないのでブナの葉っぱの裏に卵を産むのです!!
そしてオタマジャクシに足が生えると、卵からかえるんだとか。
白神4
この沼とも池とも見分けのつかぬ水溜りですが、
春になるとサンショウウオがここに卵を産み、
落ちてきたカエルの子を餌にすくすくと育って行くのだそうです。
自然の摂理をかいま見た気がしました。

白神5
そしてこれ!熊の爪跡なのです!
ブナの実は非常に栄養価が高く美味しいので、
冬眠前の熊さんはばくばく食べるのだそうです!
よく見るとそこいら中のブナの木に爪跡がついていました。

今度は春の新緑も見てみたいと思いました。

*********
代表

峨瓏の滝 ~藤里町②~自然

藤里町第2弾!!

峨瓏の滝にも行って来ました!水の色がとても透き通っていました。滝3

滝の名前は上流の「峨瓏峡」からとったもので、そちらも絶景だそうです。
今日は行けなかったけど、次回は行きたいです。

う~んマイナスイオンいっぱい吸収しました~!!
********
代表

権現の大イチョウ ~藤里町①~自然

お、お久しぶりです!
今日は県北にある藤里町で発見した魅力的な秋田をご紹介します。

まず、はじめに…権現の大イチョウです!

イチョウ2

県の天然記念物に指定されているこのイチョウですが、
幹の周りが8メートル以上、樹齢300歳以上もあるのだそうです!

何でも、葉の色は周りのイチョウの木々に比べて何故か色づくのが遅いとか、
散る瞬間は「ごぉっ」という音とともに一斉に葉が落ちるため、
近所の人でさえ葉の落ちる瞬間を見たことが無いとか、
結構謎めいたイチョウらしいのです。

イチョウ1

そしてそして!!
木から何やら垂れ下がっているのが見えますか?
この垂れ下がっているもの、気根と言うのですが、
母乳の少ないお母さんが気根を撫でてお参りしたそうです。

ぼくも念のため撫でておきました!笑

********
代表

鎮守の杜!総社神社建物

秋田市川尻にある総社神社さんに
お参りに行ってきました。

総社神社01

住宅街に突如現れる鎮守の杜
立派なケヤキが並んでいます。

総社神社11
保存樹に指定されているようです

総社神社さんはなんと724年に創設されたとされます。
三森山(現千秋公園)にピカッと光が射し、
神様が神社をつくりなさいと告げたそうです。
すごい伝説ですね。

境内には小さな神社がたくさんありました。

総社神社03
馬を大切な家族として
飼っていた人たちが建立した早駒神社

総社神社04
安らかに眠ってください、馬さん

総社神社05
建築関係者が建立した匠神社

総社神社06
ふむふむ

境内にはこうした神社だけでなく、
いろんなものがありました。

総社神社10
これは水準測量に用いる際に標高の基準となる水準点

総社神社02
超巨大な絵馬

総社神社08
食べられちゃいそうです

総社神社07
公園も併設されています

鳥居の前では、近所の方々が掃除をしていました。
総社神社さんは、地域に愛されているんですね。

総社神社09
素晴らしきかな

マイナスイオンがいっぱいで、
霊験あらたかな雰囲気で、
地域の愛もいっぱいで、
とっても素敵な神社です。

みなさんも、散歩がてら訪れてみては?

総社神社12
ぼくは自転車で来ましたよ



--------------------
Aプロ事務局ひら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。